しばらく前になりますがオーダーいただきましたキーホルダーです。

 

カヤンタ 143.jpg

 

お客様の持ち込みのペンダントトップを

編み込みのキーホルダーにして欲しいとの事で製作させていただきました。

 

カヤンタ 144.jpg

 

よく見ると、このトップは ビルウォールさんのモノですね。

 

今から10年くらい、いやもう少し前かな?

仙台の大御所さんのご好意で

ビルウォールさんにお会いさせていただいたことがありました。

 

丸一日、彼のシゴトぶりを見学させていただいたのですが

それはそれは とても感心したのを覚えています。

 

その当時は すごいシルバーブームの真っ只中で

本屋さんに行けば、シルバー関係の本がとにかく沢山並んでいた頃です。

その並んでいるどの本にも最初のページの方にだいたい彼の名前が、、、

 

そんな時代の最中の来日でしたので

僕の勝手なイメージの彼と、目の前の彼とのギャップに驚きました。

 

製作実演ということで、勿論シゴトだしお客様の前ということはわかりますが

派手だったり、無駄な動きをすることなく ひたすら黙々と製作、、、

10時間近かったと思いますが

その間トイレに2,3回席を外した以外 ひたすら黙々と製作、、、

 

すぐそばにいたので、その演技とかではない集中力と緊張感。

ビリビリと肌で感じることができました。

見ているだけの僕の方がとっても疲れてしまいました 。

 

そんな彼の実際に触ったモノを購入できたお客様は

きっと 心から喜んでいたと思うし

お客様の顔がそれをとてもよく表していました。

 

僕も目の前の彼から直接何か購入したいと思ったのですが

残念ながら、とてもとてもお金の無い頃だったりして、、、

とっても悔しい思いをしたのを覚えています。

 

その後、夜も更けてきて やっと彼も手を動かすのをやめた後

皆で打ち上げがてら飲みに行かせていただきました。

シゴトではないプライベートの彼もとても魅力的で

物静かで紳士的、だけど熱いものを内に秘める男。

とってもカッコイイ男でした。

 

 

 

それから少し時間が経ち

僕も自分でブランドを立ち上げるわけですが

その時の貴重な経験はとても役にたっております。

 

あーだの こーだの とカッコイイことを言ってみたり

難しいことを言ってみたりもいいのかも知れませんが

 

その手、その全身で何かを表現することの大切さ

きっと それが本当なんだと思います。

 

 

長くなりましたが

そうなりたいなと、、、。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です